確実な減量でスリムに|脂肪吸引のマジック

太らない謎

フェイス

そもそも、脂肪というのは脂肪細胞の集まりの事を言います。そして、この脂肪細胞の数は3歳くらいまでに決定されているのです。一度決定した脂肪細胞の数を減らしたいと思っても殆ど変わることは無いと言われているので、3歳以降は難しいとされています。その為、人間の中にはどんなに食べても太らない体質の人がいますが、つまりその人達は脂肪細胞の数がもともと少ないということなのです。その為、脂肪細胞の数が多い人に比べると、食べる量が同じでも脂肪細胞の数が少ない人の方が太らないのです。
脂肪細胞の数が決まっていたら体型は変わらなそうなものですが、それでもたいていの人は太ったり痩せたりします。その理由は、脂肪細胞が膨らんだり縮んだりするからなのです。脂肪細胞の数自体が変化するわけではなく、一つ一つの細胞の大きさが変化することで体型が変わるというわけです。

一般的なダイエットの場合、この脂肪細胞を縮ませます。運動で筋力をつけたり、脂肪を燃焼しやすい状態にして脂肪を減らすというのは、つまり脂肪細胞をなくしているわけでなく縮ませているということなんです。
ですから、一時的に痩せることはできても、脂肪はいつでも膨らむ可能性があるのです。それに比べて、脂肪吸引の場合には、脂肪細胞自体を取ってしまいます。
ですから、その部分ではリバウンドがしにくくなります。これが、脂肪吸引が他の一般的なダイエット方法とは性質が異なる理由です。

Copyright© 2016 確実な減量でスリムに|脂肪吸引のマジックAll Rights Reserved.